尼子 騒兵衛

落第忍者乱太郎 44 (あさひコミックス)

落第忍者乱太郎 44 (あさひコミックス) 人気ランキング : 679位
定価 : ¥ 540
販売元 : 朝日新聞出版
発売日 : 2008-09-30
発送可能時期 : 通常4〜6日以内に発送
価格 : ¥ 540
勉強になりました

とても、楽しく読めました。
 第2章では、笑えてかつ暖かい気持ちになれました。
 第3章は、細かい取材を得ての作品なのか、大変勉強になりました。
 不快になるような、恋愛?はまったくないように感じました。
誰でも、楽しく読めると思います。

楽しい内容になってます

43巻の、オールスター的なお話というよりは、
キャラをしぼってストーリーが楽しい内容になっています。
特に図書委員(長次をのぞく)と三郎、保健委員、用具委員、水軍のみなさんが多めの内容だと思います。
特に最後のほうの水軍のお話は、尼子先生の綿密な取材により、勉強にもなる話に仕上がっているなぁと感心しました。
キャラクターがイキイキと描かれていて、楽しい内容になってますので、是非お勧めです。

話に出てるカメ子ちゃんと鬼蜘蛛丸さんに関しても、別に恋話があるわけではなく、隣で説明をきいたり質問したりしてるだけなんで、普通の方には別に取り立ててどう、ということでも無いと思いますよ。
ファンなら文句なしの星五つ。

すっきりしていた

前巻に比べて登場キャラの数が少なかったのでごちゃごちゃせずに
読めました。これくらいの人数なら混乱せずに読めますね。
鯨が高級品なことや、太夫の説明などちょっとした雑学も
おもしろかったです。

里芋行者とミスマイタケ城娘のお二人もお似合いでした。
結婚おめでとう!

本当なら星5つ!

久々の兵庫水軍活躍でファンには嬉しい一冊。時代背景が見えて面白く、今回も勉強になります。
でも毎回兵庫水軍が出てくる時に何かとカメ子の登場率が高いのが気になります(十年後裏設定という変な噂を耳にしたのもあるのですが妙に目につく)
5才児をライバル視するのも大変大人げないのですが…兵庫水軍(特に鬼蜘蛛丸)が死ぬ程好きな私としては、十年後設定とやらの匂わせなのでは!?と勘繰ってしまい何やら気持ち複雑。
兵庫水軍を見たいがために本を開きたいのですがそのせいで中々開けない現状…カメ子は別に嫌いではなかったのに複雑な対象になりました(悲)
落乱の作風的にこんな嫉妬をしなくて済むと高を括っていただけにダメージがデカい…(鬼カメを好きな人にはいいかもしれないですが私には辛すぎる;)
本当は満点くらい面白いのですが非常に個人的な感情にて星4つ。
里芋さんとミス・マイタケも結婚したし(これはめでたいが)、尼子先生は最近男女の絡みを描くのに目覚めてしまったのかなぁ?冗談抜きで落乱男性キャラに恋をしてる私には、たとえどんな小さな子であっても嫉妬の対象なのでこれだけは本当、勘弁してほしい…(泣)
とりあえず内容は面白いけれど個人的には複雑な巻でした。

『新聞定期購読』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 新聞定期購読 All rights reserved.